笑顔の医者と子供

医療費の助成は可能

パソコンを囲む医師

骨化があっても症状はない場合もある

後縦靱帯骨化症の治療は、レントゲンやCT、あるいはMRIなどで骨化が見られる部位があるものの、特に症状としてあらわれるものがない場合はまず経過の観察が行われます。 そのまま症状を呈しない患者さんも多いそうですが、骨化が進行し手足のしびれなど感覚や運動の障害が生じ始めることもあります。 軽度の症状で固定され進行しないこともあり、その場合は薬物療法、装具で疾患部位の姿勢を安定させる方法などの保存療法が施されます。 進行性の後縦靱帯骨化症である場合は、医師の判断する適切な時期に手術療法が選択されます。 頸部、胸部、腰部と疾患部位により手術法は異なりますが、三者とも後方から圧迫された神経のある空間を広げたり、骨化した部位を固定する方法が選択されることが多いようです。

遺伝子の特定が期待される後縦靱帯骨化症

後縦靱帯は、背骨を構成する、椎骨と呼ばれる小さな骨を縦につなぐものです。 その後縦靱帯が何らかの理由で厚くなり、骨のように固くなることを後縦靱帯骨化と言います。 更に、その骨化により背骨の中の空間である脊柱管が狭まり、脊髄やその先の神経根といった神経が圧迫されることがあります。 そのためにしびれや麻痺といった神経症状も呈した状態が後縦靱帯骨化症です。 現在、遺伝などの複数の要素が考えられ、糖尿病や肥満傾向のある中年男性に比較的発症例が多いということは統計上分かっていることです。 しかし残念ながらはっきりとした原因は解明されていません。 そのため2015年1月1日より後縦靱帯骨化症は指定難病となっており、病の認定条件と一致すれば医療費の助成を受けることができます。 また、要因の一つとなる遺伝子の特定の研究が進みつつあり、成果が待たれます。

原因を把握する
手術の様子

生きていくためにも早期治療と早期治療が必要になる乳がんは発症率が年々増加しています。乳がんになる原因には食生活の乱れなどが多く見られると言われていますので、食生活には注意が必要です。

Read more

増加している
医師と患者

乳がんの発症率というのは年々増加していて多くの人が手術をしています。乳がんの発症は20代から増え始めると言われているので、20代になってすぐに検診をしておくことがベストです。

Read more

切除はしない
レントゲンを見る医師

乳がんと聞くと乳房を切除することになるというイメージがありますが、近頃では乳房を切除しなくても乳がんを治すことが出来るようになってきています。このことから安心して手術が出来るようになっています。

Read more

サイバーナイフで治療
笑顔の医師たち

がんの治療方法にサイバーナイフと呼ばれるものを使用した方法があり、この手術方法は1990年代から始まっているものです。この治療は皮膚を切らずに手術をすることが出来ることから注目されています。

Read more

このエントリーをはてなブックマークに追加