サイバーナイフで治療 | 症状や特徴を覚えて対策をしていこう|後縦靱帯骨化症・乳がん

サイバーナイフで治療

笑顔の医師たち

サイバーナイフとは何か

現在、医療界ではサイバーナイフを活用したガンの治療方法があります。サイバーナイフと言葉は多くの人には聞き慣れないと思いますが、1990年代から治療は始まっています。ナイフと聞くと切断するイメージが浮かぶと思いますが、サイバーナイフの最大の特徴は切らないで治療をするということです。ガンの治療方法は大分すると外科治療、化学治療、放射線治療に分けることができ、サイバーナイフは放射線治療に当たります。皮膚を切らずに放射線をガンに当てて消滅させます。 これまでの放射線治療はどれだけピンポイントにガンに放射線をあてるかが課題でした。サイバーナイフは標的を追跡するミサイルの技術やロボットの技術を駆使してガンに正確に放射線を当てることを実現しました。

メリットとデメリットについて

皮膚を切らないで治療できるサイバーナイフは痛みを伴わない治療をすることができます。身体的な負担が少ないことはもちろんのこと、外来通院での治療も可能です。一回の治療での放射線の照射量を調整することもできるので、何日かに渡って分割照射することも可能ですし、一度に大線量照射して一回で治療を終わらせることも可能です。 多くのメリットがあるサイバーナイフ治療ですが、副作用もあります。治療後に吐き気や頭痛など起こることがあり、まれケースですとけいれんや熱が起こり、薬が必要になることもあります。脱毛は脳の表面近い病巣に放射線を照射すると起きることがありますが、数ヶ月で自然に再生していきます。副作用が心配な場合は医師に相談しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加